着ぐるみとは?

 自分が自分ではなくなる、動物になりきりたい、何と
なく楽しそう。きっかけは人それぞれではありますが、
元々動物好きで俗に言う「ケモナー」さんが多いよう
です。その活動の延長線上に着ぐるみという一つの
表現があると思っております。近年は世界中でイベント
が開催されており、日本もその例外ではありません。

着ぐるみと触れ合うには? 発表するには?

kemocon
 現在日本では毎年恒例となっている「Kemocon」、最近では「Jmof」など大規模なイベント
を始め、日本全国イベントが年中開催されています。着ぐるみ交流メインのもの、製作講座など
を兼ねたものなど多岐にわたります。

 イベント告知と出欠確認が簡単に出来るTwiPlaで参加者を募る場合が多いです。
検索欄に「着ぐるみ イベント」などと入れてみましょう。直近のイベントを検索できます

着ぐるみ製作に必要な道具・基礎知識

 着ぐるみを作りたいけど、そもそも材料のこともさっぱり・・・そんな方のために、
簡単ではありますが一部製作材料のご紹介をさせていただきたいと思います。
(あくまでもゆーきっちょ個人での作り方であり、使う素材は人それぞれです)

フェイクファー


 言わずもがなケモノ着ぐるみの一番大事な部分。長毛・短毛、色んな種類が
ありますので、自分の作りたいキャラに適したものを選びます。初めて制作する
場合、メインの毛色は余裕を持って買った方が良いかも。

取り扱い店舗は多くあれど、一番の品揃えは「新宿オカダヤ」です。新宿東口
を出て徒歩で行けるアクセスですが、ネットでも頻繁にセールをしておりますので、
郵送してもらうのも一つの手。

ウレタン
ヘッドや足の骨組に使います。東急ハンズなどでも販売されてい
ますが、こちらのサイトで量り売りされてます(色は黒、厚さ2cm
がお勧め※用途により変わってはきます)。FRP、ライオンボード、
発砲スチロール等で制作する方もいます。
ソーイングセット
着ぐるみ=ぬいぐるみと同じく、裁縫用具は必ず必要です。
必要最低限の物を揃えましょう。(大抵100均でも揃います)
グルーガン
ヘッドの骨組(ウレタンなど)を接着するのに主に用います。プラスチック
素材のグルースティックを熱で溶かして短時間で接着できるのが特徴。
安価な物で構わないかと。(ボンド Gクリヤーも併用すると尚良し)
ミシン
ミシンがあれば、製作効率の向上などが期待できます。ただし、ミシン
では縫えない細かい部分も多くありますので、導入するかどうかは
人それぞれ。ただあったらあったでもちろん楽です。
カッター
ヘッドや足のウレタン削り用に。オルファの黒刃カッターがお勧めです。
切れ味が良い分、消耗も早く替え刃必須。あと怪我には注意を・・・。
方眼紙
型紙作りなどの作業用に。100均でも購入できますが、より大きい物を
お探しの方は、ドンキホーテなどでも売ってるので、探して見るのも有り。

主なネット通販サイト
ウレタン、アクリル板をはじめ、一風変わった素材まで幅広い商品
を展開。コスプレの小道具製作にも使えるライオンボードも有り。
業界最大級の商品の取り扱いサイト。楽天限定の品もあり、また
他サイトと比べ最安値物が多く、比較してみるのもあり。管理人
は楽天の新宿オカダヤコスプレ店でいつもファーを購入してます。
楽天ショッピングとの重複商品もありますが、こちらはポイント加算
がTポイントなため、普段Tポイント使用してる方はお得になるかも。


着ぐるみ製作関連サイト
 着ぐるみ作りの基礎が知りたい! 製作はプロにお任せしたい!という方へ

アトリエあまのじゃく 名古屋で着ぐるみ製作を請け負うきゅるさんのサイト

風色の島 田代優さんの個人サイト。着ぐるみ製作の講座ページ有り

お問い合わせについて

  コミッション依頼・その他問い合わせはこちら  yukiccho49@gmail.com
※すぐに返信できない場合もあります。ツイッターのDMでもお受けしております。



▲ページトップに戻る